2007年12月12日

睡眠時間1

平均の睡眠時間
日本人の平均睡眠時間は2000年時点で7時間23分だそうです。70歳以上が最も長い8時間20分で、30代が最も少ない6時間57分でした。平均なので中には3時間しか眠らない人もいれば、9時間以上眠っている人もいます。短時間でも長時間でも、よく眠れた!と感じるのが大切です。ちなみに、よく眠れた!と感じるのは6〜7時間が最も多く、眠れていないと感じるのは5〜6時間が最も高いです。これは5時間未満のショートスリーパーの人より不満が多い結果となりました。

短時間睡眠と長時間睡眠の違い平均的な短時間睡眠と長時間睡眠の眠りの違いについて見てみましょう。浅いノンレム睡眠は長時間睡眠のほうが多いのに対し、短時間睡眠も長時間睡眠も、深いノンレム睡眠は同じ時間取れています。熟睡感に関係があるのは、深いノンレム睡眠です。この深いノンレム睡眠の時間が短いと目覚めが悪くなってしまいます。ですから、睡眠を取るときは途中で目が覚めないように、最後までしっかり眠るのが大切なんですね。

短時間睡眠の場合
レム睡眠65分・覚醒11分・浅いノンレム睡眠175分・深いノンレム睡眠78分

長時間睡眠の場合
レム睡眠121分・覚醒44分・浅いノンレム睡眠279分・深いノンレム睡眠70分

インターネット人気枕ランキングNO,1

高級枕ブランドannique『マシュマロまくらシリーズ』の公式オンラインショップ。

ラベル:睡眠時間 快眠
posted by kaimin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック