2007年12月30日

睡眠不足2

睡眠不足になりやすい人って?
睡眠不足の原因には性格・生理的・環境・薬によるもの・病気によるものなどが考えられます。性格なら悩みやすい・神経質・くよくよする人は眠れなくなるほど考え込むでしょうし、生理的には高齢者は脳の衰えによって眠りが浅くなります。運動量が少なかったり、室内にいる時間が長い生活環境も昼と夜の区別がつきにくいです。自分でどうにかできる原因を持つ人と、どうにもならない原因を持つ人がいるといえます。どちらにしても、睡眠不足になる原因はなるべく作らないようにしたいですね。

睡眠不足になるとどんな影響があるの?
睡眠不足が続いた状態では、脳は休むことができません。脳が休めないと情報処理能力が衰え、「過労」という状態になって、命にかかわることもあります。また、現代っ子は夜型生活で睡眠不足といわれていますが、成長段階の子供が睡眠不足になると骨や筋肉、脳の発達が遅れてしまいます。

睡眠不足解消法
睡眠不足を解消するには、薬で治療する薬物療法や、睡眠環境を整える認知行動療法などがあります。慢性的な睡眠不足には認知行動療法が効果的とされています。認知行動療法には、カフェインをとり過ぎないとか、適度な運動をするなど、睡眠不足を解消するための工夫がたくさんあります。普段から眠りやすい環境を作っておくのも大切ですが、こういうときは睡眠不足になりやすいな、と把握しておくのも大切です。睡眠不足になる原因があったら、誰かに相談するとか手を貸してもらうのも良い方法ですよ。

こりとりまくら
こりとりまくら
posted by kaimin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック